持っているとイメージアップになる資格も

お店のクオリティーを上げる資格があります

経営には直接関係ないかもしれませんが、持っているとお店のクオリティーが高くなる資格ってありますよね。

「フードコーディネーター」は食のトータルプロデュースのできる資格です。
メニュー開発から、レストランプロデュース、販売促進やメディアとのやりとりまでに関わる仕事。
レストランのオーナーが「フードコーディネーター」だったりすると、お洒落で洗練されたイメージかつ実践でも強いことでしょう。

「ソムリエ」や「ワインエキスパート」は、民間資格ながら、合格するのが難しい為、大変ステイタスのある資格で、憧れる人も多いと聞きます。
カフェスタッフに人気の「バリスタ」にも「コーヒーマイスター」「JBCバリスタライセンス」という民間資格があるのです。
これらの資格は、持っていて当たり前の資格ではない為、お客様のお店に対する信頼度をアップさせる事ができます。
また、取得した後も日々腕を磨いてゆく事が期待されますね。

経営者として取得しておくと役立つ資格

飲食店経営をビジネスとして運営されているパターンもあると思います。
店舗数も増え、会社組織として大きくしていくような場合には、やはりMBAは大変役に立つ資格と言えるでしょう。
一時期ほどの高評価は失われつつあるという意見もありますが、経営に関する戦略的視野を広げ、考察を深める資格には変わりありません。
また、簿記は経理において基本中の基本。
経営者は会社のお金の流れを把握しておかなければいけませんね。
経理担当を置いて管理させるにしても、収支と損益の表の見方は知っておくべきでしょう。
中小企業診断士も経営に大変役立つ資格です。
受験科目も膨大で大変難しい試験の為、外注で依頼しているところも多いはず。
しかし、会社の規模を大きくすることを前提に考えているのなら、自分で経営状態を把握するという事は大変重要になってくると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る