資格あれこれ。技能資格から企業戦略まで!

「食品衛生責任者」は開店に必要な資格

飲食店を開業する際に必ず必要になる資格が「食品衛生責任者」です。
食品衛生上の管理運営をするのが仕事です。
衛生的に安全に営業ができているか、チェックして管理する責任者になります。
「食品衛生責任者養成講習会」を受講して取得することが必要ですが、
受講料は1万円ほどで難易度は難しくはありません。
受講資格に関しては年齢制限などの条件があります。
その他、取得に関しては都道府県によって異なるので、詳細は各都道府県の食品衛生責任者協会のサイトで確認してくださいね。
実施日や受講日数なども公表されます。
各店舗に一人の食品衛生責任者が必要とされており、開業の際は保健所に責任者の届け出が必要になります。
栄養士や調理師等、資格を有する人は免除されます。

収容人数が30人以上なら「防火管理者」も

30人以上の不特定多数を収容する店舗や建物には火災を防止するための業務を行う「防火管理者」が必要になります。
消防法によって義務付けられていて、消防計画の作成や火気設備、非難設備の点検などのお仕事を任される責任者です。
施設、店舗の延床面積の広さに応じて、甲種、乙種とわかれています。

都道府県知事や消防長、また認定機関で実施される講習を受講して取得することができます。
費用はテキスト代が必要になりますが、改訂される可能性があるため事前に当該機関で確認されてくださいね。
むずかしい講習ではないのですが、こちらも開業の際に届け出が必要になる資格なので、取得者を置くことを忘れないように気をつけましょう。

日本防火・防災協会のホームページで詳しい内容を公開しています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る