資格あれこれ。技能資格から企業戦略まで!

自分のお店を開こうと思ったら、まず物件探しや資金準備をされるのではないでしょうか。 けれどなにより、開業の為の資格を取るのを忘れてはいけません。 必要な資格を取得申請し、許可をもらえなければ飲食店は営業できないのです。 レストラン、居酒屋、カフェ、どの飲食店にも必要な資格。 どんなものがあるのでしょうか。

飲食店を経営するならまずこの資格!

「資格」と一言でいっても、その中身は千差万別です。
講習を受講すれば取得できるものもあれば、難しい国家資格にパスしなければいけないものもありますね。
飲食店の経営ということを吟味した場合は特に、その方向性は様々です。
まず、開店するにあたって、その資格がないと開業できないようなものあります。
それから、持っていて当たり前なのに実は必ず必要なものではなかったり。
また、お店によっては特別な免許を持っている人しか扱う事が許されない食材もあるのです。
取得する資格とは別に、勤務が長く続くと取得できる資格もあります。

巷でよく聞かれる呼称資格。
ソムリエや、ワインエキスパートなどは、その呼び名を名乗ることに対する資格ですね。
専門知識はお客様が求めていることでもありますので、資格者による説明は絶大な効果が期待されるでしょう。
試験は難しく受講料も高額なので、なかなか気軽に取得、という訳にはいかないかもしれませんが、ワインを専門的に追及したい方にはおすすめです。

それから、経営に必要な資格、と言えば経営学や会計に特化した資格も有名ですね。

経営必要な資格はその人がどのような経営をされたいか!によっても変わってきます。
小さな町の喫茶店をされたいのであれば、高額な費用がかかってしまう資格はすぐには必要ないでしょう。
しかし、ある程度大きな店舗を想定されている場合、行き当たりばったりは困ります。
どのような資格が、お店をより発展させていく事ができるのか、考えることも大切ですね。

必ずしも必要でない資格もあります

飲食店を開くとなると、やはり必要になるのは調理師免許!と思われますよね。 その調理師免許、意外なことに必ずしも必要ではないんです。 反対に、ある特定のお店を開くには絶対に取らなくてはいけない、という資格もあります。 そういった場合は資格を持たずに営業することは、違法になりますので気をつけたいですね。

持っているとイメージアップになる資格も

ワンランク上のサービスの達人になる為の資格もあります。 コーヒーやワイン、ビールなど、専門家がいるお店というのは大変洗練された印象をお客様に与えますね。 また、飲食店をビジネスとして考えた場合に、経営を本格的にバックアップできる資格は、取るのが難しい反面、持っていると大変な強みになります。

TOPへ戻る